◆HOME ◆会社案内 ◆メルマガ ◆工   房 ◆お問い合わせ  
メンズ レディース 財布・小物 当店おすすめブランド


「Buon Natale!」
text by sacha

もうすぐクリスマス!日本ではカップルで過ごす、ロマンティックなイベントになっていますが、イタリアのクリスマスは、ちょうど日本のお正月という感じ。基本的に家族全員、もしくは親戚も含めてみんなで集まるのが普通なんです。
イブには、家族でいっしょに食事をした後、そろって教会にいくのが昔ながらの習わし。日本でいう初詣にあたるのかな。でも最近では、若い人はあまり教会にいかなくなって、少しずつ変わっきているみたいです。
そして家の中の様子は…ツリーは本物のもみの木を使って飾り、イブにはツリーの足元にプレゼントを置いておき、25日の朝にプレゼントを開けて祝います。日本にない飾り物といえば、Presepio(プレセピオ)と呼ばれる、キリスト誕生をかたどった模型。簡単なものでは、キリストとその生まれた小屋とお祝いを届けに来た人形だけというシンプルなものから、教会などでは大きな箱庭のような、本格的なものまでさまざま。
もちろん、これを作る為の人形やミニチュアハウスなども、街中至る所で売られています。
クリスマスのポピュラーな食べ物といえば、最近日本でもちらほら見かけるようになった「パネトーネ」という、木の実やドライフルーツがふんだんに入ったパンケーキ。
メインの料理に関しては地方色が強く、一概にこれがクリスマス料理!みたいな一品はないんですが、それぞれの家庭で腕を振るったものがサーブされることは間違いありません。
クリスマスが終わればお正月ですが、こちらは家族と過ごしたり、友人と過ごしたりとさまざま。でもこの日はクリスマスと違って、お酒を飲んでバカ騒ぎをすることしばしば。
日本のように除夜の鐘でしっとりと・・・ていう訳にはいかないところが、ラテンでしょう?
 こんな感じでイタリアでは、クリスマスは家族と、正月は友人や恋人などと過ごすといったように、日本とちょうと逆の感覚なんですよね。これは結局イタリアがキリスト教国(正月よりクリスマスが重要で神聖)という所から来ているからなんでしょうね。
それではみなさん、Buon Natale e Buon Capodanno! (メリークリスマス&ハッピーニューイヤー!)

コラムリストに戻る